車の査定でお得なのは、社外パーツを付けたまま?取り外して売却?

投稿日:2016年12月28日 更新日:

ホイール 社外パーツ

「他人と一緒じゃつまらない!もっとカッコ良くしたい!などの想いから、社外製のパーツでカスタムする人も多いですよね。

ホイールやマフラー、オーディオやスピーカーなど、純正のパーツから社外パーツに付け替えられた車たち。

そういった車を売却するとき、社外パーツは付けたまま査定するべきか?それとも取り外して売却するべきか?迷うこともあると思います。

そんなときの判断基準やおすすめの売却方法などについてお話します。

⇒ コテコテのカスタムカーや改造車を売りたい人はこちら

車査定の基本

一般的に車を査定するときの基本として、知っておいてほしいことがあります。

  • ノーマルのほうが高く売れる可能性がある(万人に需要がある)
  • 改造車の評価は低い(趣味趣向の合った人にしか需要がない)
  • 社外パーツの評価は低く、マイナス査定の可能性もある
  • 純正パーツがない場合は、マイナス査定の可能性がある

ということがあげられます。

査定でのノーマル車・改造車の評価

車のカスタムにはお金がかかりますので、オーナーにしてみればお金をかけた分だけ高く売りたいと思うものですが、実際の査定では逆の結果になることが多いです。

車を下取りしたり買取ったりするほうとしてみれば、売れる可能性のある車(需要がある車)が欲しいわけです。

誰かの趣味でカスタムされた車よりも、何も手を加えられていないノーマル車のほうが需要があるので、需要がない車より高く買取れるというわけですね。

査定での純正・社外パーツの評価

社外パーツとひと口にいっても、種類もいろいろあれば価値もさまざまです。

安いものには値段が付かなくても当然と思えますが、高価な社外パーツにも値段が付かない場合もあります。それどころか、純正品が人気のパーツ(ナビなど)はマイナス査定になる可能性もあるんです。

純正パーツを保管していれば、査定時に一緒に提出することでマイナス査定を回避できますが、無ければマイナスです。社外パーツ代+マイナス査定のダブル損にもなりかねません。

車のベストな売り方

車は車としての価値を評価してもらい、パーツはパーツとしての価値を評価してもらうことができれば、ダブル損ならぬダブル得ができることになります。

つまりベストな売り方は…

車はノーマルに戻して売る、パーツは取り外して別で売る

ということになります。

車をノーマルに戻して売る場合

  • 純正パーツは保管してあるのか?
  • 簡単にノーマルに戻せるのか?

といったことが問題になります。

そもそも純正パーツを保管していなければ、ノーマル状態に戻すことはできませんので、必ず確認しておきましょう。

そして、簡単にノーマルに戻せるかどうかです。

パーツによっては、専門的な知識や工具などが必要になる場合もあるでしょう。そういったこともふまえて、自分で簡単に戻すことができるのか?ということです。

誰か手伝ってくれる人がいるならそれでも良いですが、お店でやってもらう場合には注意が必要です。

というのも、ノーマルに戻すために使った費用分をすべて回収できるかわからないからです。

取り外した社外パーツが高値で売れる場合はいいですが、そうでない場合に費用をかけてしまうと、トータルでマイナスになってしまう可能性があります。

取り付けたままでも査定にあまり影響しないような場合は、そのままにしておいたほうが良い場合もあるということです。

車から取り外した社外パーツの売却先

  • パーツ専門店に売却
  • 個人売買やオークションで売却

取り外した社外パーツの売却先は、だいたいこのどちらかになると思います。

パーツ専門店に売却

パーツ専門店というのは、新品や中古の社外パーツを販売・買取しているパーツの専門店のことです。

パーツをその場で査定してもらい買取ってもらうことができます。

車に取り付けているパーツの取り外しを行ってくれるお店もありますので、自分でノーマルに戻せない人は利用するのも手です。

パーツが車に取り付けられている状態でも査定してくれる場合が多いので、パーツの査定を調べてから取り外すか検討することができます。

個人売買やオークションで売却

ここでいうオークションとは、個人が参加できるネットオークションのことです。(例:ヤフオクなど)

個人売買やネットオークションを利用する場合は、パーツの相場を知らなくてはいけません。

厳密に言うと知らなくても売ることはできますが、そのパーツの価値を知らないと安く売ってしまうことになりかねないということです。

また、基本的には個人間でのやり取りになるため、お金やパーツの受け渡しなどでトラブルがあった場合に対応できる必要があります。

友人知人などの親しい人に売る場合はあまり問題ないでしょうけど、他人に売る場合は注意が必要です。

ネットオークションなどで受け渡しなどのやり取りにサポートがあれば、リスクは最小限ですむかもしれません。

車を査定して売却する手順

自分でノーマルに戻せる人は、車と社外パーツをそれぞれ査定に出して売却すればOKです。車の査定には一括査定を利用して、複数の見積もりを比較すれば最高額で売却することができます。

ノーマルに戻すときにお店を利用する人は、次のようにするといいでしょう。

  1. 社外パーツの見積もりをもらう(相場を調べる)
  2. 車を査定にだして見積もりをもらう(ノーマル時の金額も聞く)
  3. パーツと車の見積もりを比較して、売り方を決める

社外パーツの価値がわからないと、ノーマルに戻すときにお金をかけていいのかわかりませんので、まずは社外パーツの見積もりをもらいます。(このときに取り外しにかかる工賃も聞いておきます。)

※近くにパーツ専門店が無い場合や、個人売買・オークションで売る場合は、ネットなどで価格相場を調べておきましょう。

次に簡単に戻せるパーツだけノーマルに戻して、そのほかのパーツはつけたままの状態で一括査定を受けます。(このときにノーマルだった場合の見積もりも聞いておきます。)

車の見積もり・ノーマル時の見積もり、パーツの見積もり・工賃とを比較して、パーツを取り外したほうが高くなるなら、取り外してからパーツと車をそれぞれ売却します。

そうでない場合は、社外パーツを取り付けたまま売ることになります。

社外パーツを付けたまま車を売る場合

  • 純正パーツがない
  • 簡単にはノーマルに戻せない
  • 時間がない、すぐに手間なく売りたい

といった場合も、社外パーツを取り付けたままの状態で査定することになります。

社外パーツが取り付けられた車は、ディーラーや一般的な中古店などでは安い査定になってしまうことが多いですが、実はそういったカスタムカーなどにも強い一括査定があります。

カスタム&チューニングカーにも強い一括査定
http://kaitori.carsensor.net/

カーセンサーの簡単ネット車査定は、長年の雑誌発行で得た独自のネットワークで全国約800店舗以上の買取業者と提携しています。

その中には他の一括査定には登録していないような、カスタムやチューニングカーなどにも強い買取業者が参加しています。

カーセンサーを利用すれば、あなたの車を高く買取ってくれる業者がきっと見つかります。

まとめ

車と社外パーツの本当の価値を評価してもらうためには、

  • 車はノーマルに戻して売る、社外パーツは取り外して別で売る
  • 社外パーツの価値を知るために見積もりをもらう(相場を調べる)
  • 一括査定にはカスタムカーなどにも強いカーセンサーを利用する

ということですね。

時間や手間は多少かかりますが、車もパーツも最大限の査定を得るための方法です。

時間が無い場合や面倒くさがり屋の人は、カーセンサーの一括査定だけでも利用するといいでしょう。

カスタム&チューニングカーにも強い一括査定
http://kaitori.carsensor.net/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-車査定のお役立ち情報

Copyright© 車売るなら知らないと損する中古車査定の話 , 2017 All Rights Reserved.