事故車の定義「その車、事故車じゃないかもしれません!」

投稿日:2016年11月25日 更新日:

事故車 修復歴車

車を売却するときに気になることのひとつに、「自分の車が事故車かどうか?」という疑問があります。

「この前ぶつけて修理したからな…どうせ事故車は売れないんでしょ…」なんて悲観的になっているそこのあなた!

その車は事故車じゃないかもしれません!

中古車の査定における事故車の定義・認定基準についてお話します。

事故車の定義

中古車においての事故車とは、一般的にもちいられる「事故を起こした車 = 事故車」ということではありません。

中古車における事故車とは?

「車の骨格(フレーム)部分に損傷を受け、交換または修理された車」のことをいいます。

中古車情報などでよく使われる「修復歴車」というのは、実は事故車と同じ意味になります。

中古車業界では事故車ということばが使われることは少なく、修復歴車をよく使います。

これはおそらく「一般人が使う事故車と業界人が使う事故車の意味が違うため」、誤解を避けるために区別しているのだと思います。

事故車・修復歴車になる修理箇所

事故車の定義

自動車公正取引協議会が定めたこれら9つの骨格部品を、交換・修理した車が、事故車・修復歴車になります。

事故車・修復歴にはならない修理

  • ドアをぶつけて交換した
  • バンバーを軽く擦って修理した
  • ボンネットのヘコミを直した

このような骨格部分にあたらない部分を修理しても、事故車・修復歴車にはなりません。軽い事故であれば、今まで事故車だと思っていた車が、実はそうではないかもしれません。

事故を起こした車が事故車ではないように、修理した車が修復歴車ということではありません。

上記の9つの骨格部品を修理・交換したかどうかがポイントなんです。

事故を起こした車でも事故車とは限りません

修理をした車でも修復歴車とは限りません

骨格部品が~とか言われても、専門的なことですので自分では判断できないかもしれません。

悩んでいても仕方がないことですので、査定にだしてプロに評価してもらいましょう。

⇒ おすすめの無料一括査定はこちら

事故車・修復歴車でも査定はできる?

事故車・修復歴車と認定されても、マイナス査定によって減額はされますが、査定して売却できないわけではありません。

もともとの車の相場にもよりますが、十分に納得できる査定額がでる場合もあります。

あきらめずに、一度査定してみることをおすすめします。

事故車を専門にしている買取業者

一般的な買取業者で査定してもらっても、納得できる査定額が得られない場合もあります。

そんなときは、事故車を専門にしている買取業者を利用しましょう。

⇒ 事故車専門の一括査定の詳細はこちら

⇒ 事故車専門の買取業者の詳細はこちら

完全に動かない…不動車は廃車にするしかない?

完全に動かなくなったような不動車は、ディーラーでは廃車をすすめられることが多いでが、実は廃車するには費用がかかります。

車体引取費用、車体解体費用、書類作成費用、廃車代行費用などの諸費用です。

だいたい1~2万円、リサイクル料を納めていなければプラス1万円くらい…。

自分で手続きをすればかからない費用もありますが、いらない車を処分するのに手間もお金もかかります。

廃車・不動車を専門にしている業者

廃車・不動車の専門業者なら、処分するだけでお金がかかるような車を無料で引取ってくれたり、場合によっては買取してくれることもあります。

これは、車としてはそのままでは価値がなくなっても、部品などパーツ単体ではまだ価値があるものを、リサイクルして再利用したりできるためです。

また、日本では廃車にするような車でも海外に流通させることで、第2の人生を歩ませることができる場合があります。

日本車は海外では人気があるため、古くなっても修理すればまた活躍できるというわけです。

廃車や不動車の処分は専門の業者にお願いしましょう。

⇒ 廃車・不動車の専門業者の詳細はこちら

まとめ

中古車の査定における「事故車の定義・認定基準」についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

事故車の判断には専門的な知識が必要ですので、わからないことを自分であれこれ悩んでいても仕方ありません。

結果はどうであれ、査定にだせばプロが答えを出してくれます。その結果をふまえて、少しでも高く売れる方法で売却していきましょう。

⇒ 人気の一括査定を比較・ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-車査定の基礎知識

Copyright© 車売るなら知らないと損する中古車査定の話 , 2017 AllRights Reserved.