クルマに貼ってあるステッカーの簡単で上手な剥がし方

投稿日:

ステッカーの剥がし方

「クルマに貼ってあるステッカーが気に入らない…」「ステッカーを剥がしてシンプルにしたい…」という人も多いと思います。

ステッカーを剥がそうと思ったとき、自分で剥がすかプロなどにお願いするかの2択になると思います。プロなどにお願いする場合はおまかせするだけですので、今回は自分で剥がす場合の上手な剥がし方をご紹介します。

まずは専用アイテム。トレーサーという巨大な消しゴムみたいなもので、ドリルに付けて使用する。剝がすというより削って取る感じで、頼もしい。それにゴムなので塗装はキズ付けないのがいい。ただし、ツルツルの場合など、ステッカーの素材によってはまったく歯が立たないこともあるのが難点だ。

そのほか、ステッカー剝がし剤という専用ケミカルもあるが、溶剤で少しずつ表面を柔らかくしたり、糊を溶かしたりして取り除いていく。一見するとよさそうだが、そもそも効果を弱くしているからか、思ったほど効果がないこともある。

そして、なんだかんだ効くのが、お湯でふやかしていく方法だ。熱湯だと塗装もやられてしまうので、70~80度ぐらいのお湯を何度かに分けてゆっくりとかけながら、ヘラのような平らなもので少しずつ剝がしていく。めくれ上がった部分にさらにお湯をかけてやるとさらに柔らかくなりやすいので、お湯は多めに用意しておくといいだろう。

引用元:carviewニュース「【意外と知らない】クルマに貼ってあるステッカーの剥がし方

車に貼ってあるステッカーには、純正で最初から貼られているものと、あとから誰かが貼ったものがあります。

純正で最初から貼られているステッカーは、「硬くて剥がしづらい」ものが多いです。柔軟性のない厚くて硬い素材でできていることが多く、角から剥がしていこうとしてもポロポロと切れてしまい、上手く剥がすのが難しいです。

あとから貼られたステッカーは、「ノリが残りやすい」ものが多いです。素材としては柔らかく薄いものが多く一見剥がしやすそうに思うのですが、使用されているノリなどが残りやすい傾向があります。とくに車用に作られたものではないタイプのステッカーや、貼られてから時間が経ったステッカーはその傾向にあります。

どちらの場合もステッカーを剥がすさいに注意することは、「無理に剥がさない」ことです。

ステッカーがなかなか剥がれずにイライラして、チカラづくでガシガシゴリゴリとやってしまう人も多いですが、せっかくステッカーを剥がせてもキズが残ってしまってはいただけません。ステッカー剥がしは無理せずじっくりやりましょう。

素人でも上手にステッカーを剥がすコツは、「熱を加えること」です。

ステッカーは熱を加えることで、素材が柔らかくなり剥がしやすくなります。さらにノリに弾力が戻りステッカー側に戻ろうとしますので、ボディにノリが残りにくくなり一石二鳥です。

ステッカーを上手に剥がす手順

  1. 温めて柔らかくする
  2. ゆっくり丁寧に剥がす
  3. 残ったノリを取り除く

1.お湯かドライヤーでステッカーに熱を加えて温めて、柔らかくなったところを剥がしていきます。専用のヘラなどがあれば便利ですが、無くてもツメで角だけ剥がせれば何とかなると思います。カッターなどを使うとキズが付く可能性がありますので注意してください。

2.剥がすときは少しずつ、ゆっくり丁寧に剥がしていきます。冷えてきたらまた温めて→剥がして、と繰り返します。ゆっくり剥がすことで、ステッカーがちぎれるのを防げます。

3.剥がしたあとにノリが残ったら、ステッカー剥がしスプレーなどを使ってノリを除去します。※「のり取りスプレー」のような商品が100円ショップにも売っていたりしますので、用意しておくと作業時間がかなり短縮できますのでおすすめです。

たったこれだけで、素人でも上手にステッカーを剥がすことができるはずです。

記事にあったトレーサーなどの専用アイテムは用意するのにお金がかかるので、みんなにおすすめできる方法とは言えませんが、すでにドリルを持っている人なら、トレーサー部分だけ用意すればいいのでありかもしれませんね。

ステッカー剥がしスプレーは、使い方が間違っているように思います。ステッカーの表面に吹きかけて取りやすくするというよりも、ノリを除去するために使用するといいと思います。紙製のステッカーは、表面に吹きかけてもノリ部分まで浸透しますので効果は期待できます。

さらにこのニュース記事では、

問題は日焼けしている場合。そこだけ色が濃いなんていうことにもなりかねないが、まわりの塗装自体が劣化しているので、磨いても元に戻らない。しばらく放置していると、ステッカーが貼ってあった部分も色あせして、だんだんと目立たなくはなってはくる。

といった日焼けの問題にもふれています。

確かに古くから貼られているようなステッカーを剥がすのは、注意が必要だと思います。ボディカラーや車の塗装状態によっても変わってきますが、白・黒以外の車で古い車の場合は注意が必要かもしれません。

プロに頼むほどでもないけど、自分でかんたんにできるならやってみようかな、という人はお試しください。くれぐれもキズを付けないように注意してくださいね。

以上、クルマに貼ってあるステッカーの簡単で上手な剥がし方でした。

⇒ 車売るなら知らないと損する話はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-車関連の気になるニュース

Copyright© 車売るなら知らないと損する中古車査定の話 , 2017 All Rights Reserved.