意外と知らない!売るときに「値落ちしにくい」クルマとは?

投稿日:

リセールバリュー

大切な愛車を売るときは、「少しでも高く買取ってもらいたい」と思うのが親心。でも私たちにできることは、きれいに洗車してあげることくらいなもの。

査定に大きな影響を与えるようなことはできません。でも、あらかじめ「売るときに値落ちしにくいクルマ」が分かっていればどうでしょう?

今回は、売るときに「値落ちしにくい」クルマについてご紹介したいと思います。

売るときに「値落ちしにくい」クルマとは?

クルマを売るときに影響することといえば、「車種」「ボディカラー」「グレード」などを思い浮かべる人が多いと思いますが、こちらの記事ではさらに「リセールバリュー」に注目してほしいと書かれています。

車種はもちろんボディカラーやグレードも影響

最近のクルマは、国産輸入を問わず総じて性能や質感が一定の高いレベルにあり、クルマにこだわりのあるマニアでない限り、何を買っても大きく失敗するようなことはなくなっている。

マニアではない多くの人は、デザインや室内の広さ、セールスマンの感じのよさや値引き額の大きさでクルマを選んでいるが、クルマ選びの際に、マニアも、そうでない人もあらためて注目してほしいポイントはリセールバリューだ。

手放すときの査定額が大きくなるクルマを選ぶと、次の乗り換え時の資金繰りが劇的にラクになるのは想像がつくと思うが、リセールのよし悪しがわかれる要素が昔とは変わってきている部分もあるので、査定時に有利なポイントも合わせて紹介しよう。

参考:carview「【意外と知らない】売るときに「値落ちしにくい」クルマとは?

リセールバリューとは「再販価値」のことで、中古車など再販売するときの価値を指します。

リセールが良いクルマは「中古でも高い値段で販売できる」ので、売るときも「高い値段で買取ってもらえる」可能性が高くなります。

なので、あらかじめそういったクルマを購入しておけば、売るときに「値落ちしにくい」というわけですね。

では、どんなクルマがリセールが良いのか?クルマの査定価格に影響する「3大要素」について見てみましょう。

クルマの査定価格に影響する3大要素

  1. ボディカラー
  2. グレード
  3. 車種

これらは「クルマの購入時に決まる3大要素」です。

実際の査定では、これに走行距離やエンジン・足回りの状態、ボディの傷み、事故・修復歴といった「クルマの状態・程度」なども大きく影響してきます。

この「状態・程度」に関しては乗り方で変わってきますので、購入後でも大切に乗っていれば高く売れる可能性はグッと増しますね。

今回は「リセールを見越したクルマ選び」という観点から、購入時に決まる3大要素についてまとめてみました。

①ボディカラー

車種やブランドによって「定番の人気カラー」というものがあって、そういった需要のある人気カラーであれば査定が良くなる傾向にあります。

逆に不人気カラーだと中古でも売りづらくなるので、査定がダウンする恐れがありますね。

一般的に「白」「黒」「シルバー」あたりの無難なカラーは、比較的どの車でも人気のカラーであることが多いです。

②グレード

グレードに関しては、装備が充実した「上級グレード」は人気があり、当然リセールも良くなります。

本革シートやサンルーフ、ナビなどのメーカーオプションがあれば、それだけ査定もプラスになるでしょう。

ただし、最近の傾向として「排気量の大きなタイプ」は敬遠されがちで、選べる場合は排気量の小さいタイプを選んでおくとリセールは良くなりそうです。

③車種

車種に関しては、「希少性の高いモデル」や「大人気の売れているクルマ」はリセールが良くなる、という法則は昔から変わっていないようです。

盗難被害の多いクルマも値落ちは少ない

WRXは盗難被害も激増中だが、ランクルやハイエースなども含め、盗難被害に遭いやすいクルマは総じてリセールも極めて高いといえる。

リセールのいいクルマを探すには、新車販売ランキングか盗難被害ランキングを見れば話が早い。

盗難被害に遭いやすいクルマ=「高く売れるから盗む」ということなのでしょうけど、こういったクルマを所持するのはリスキーですよね。

「どうしてもこのクルマに乗りたい!」という人を止めることはできませんが、「リセールが良いから」という理由で盗難被害ランキングからクルマを探すのはおすすめできません。

奇をてらわずに「新車販売ランキング」を参考にするのが無難です。

大人気の売れているクルマの探し方

売れている人気のクルマを見つけるなら、「新車販売ランキング」を参考にするのがおすすめです。

信頼できる自販連「日本自動車販売協会連合会」のランキングで、昨年2016年の1年間の新車販売台数をチェックしてみましょう。

2016年1月~12月の新車販売台数ランキング

順位 メーカー 車名 販売台数(台) 前年順位
1位 トヨタ プリウス 248,258 2
2位 トヨタ アクア 168,208 1
3位 トヨタ シエンタ 125,832 10
4位 ホンダ フィット 105,662 3
5位 日産 ノート 102,402 5
6位 トヨタ ヴォクシー 91,868 6
7位 トヨタ カローラ 84,770 4
8位 ホンダ ヴェゼル 73,889 9
9位 日産 セレナ 73,502 11
10位 トヨタ ヴィッツ 71,909 7

参考:自販連「2016年新車販売台数ランキング

毎年上位にランクインしているようなクルマは、定番の人気車なので「安定して値落ちしにくい=リセールが良いクルマ」と言えますね。

つづいて11位~30位のランキングです。

順位 メーカー 車名 順位 メーカー 車名
11位 トヨタ パッソ 21位 スバル インプレッサ
12位 マツダ デミオ 22位 トヨタ ハリアー
13位 日産 エクストレイル 23位 トヨタ クラウン
14位 トヨタ ノア 24位 トヨタ アルファード
15位 ホンダ ステップワゴン 25位 ホンダ オデッセイ
16位 ホンダ フリード 26位 スバル フォレスター
17位 トヨタ ヴェルファイア 27位 マツダ アクセラ
18位 スズキ ソリオ 28位 スズキ イグニス
19位 トヨタ エスクァイア 29位 スバル レヴォーグ
20位 ホンダ シャトル 30位 トヨタ ランドクルーザー

すべての新車販売車種のランキングBEST30なので、11位以下でもこのランキングに載っているというだけで、人気車種であることは間違いありません。

クルマを購入する際は、車種・ボディカラー・グレードだけでなく、リセールバリューにも注目して「値落ちしにくいクルマ選び」をしてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「売るときに値落ちしにくいクルマ」についてご紹介しました。

すでにクルマを所有している人は、これらの条件が満たせれば「高く売れる可能性」がありますが、実際の査定では「クルマの状態・程度」が買取価格に大きく影響してきます。

自分の愛車が「どの程度の価値があるのか?」を知るためには、実際に査定してもらうのが一番確実です。

今人気の無料一括査定サービスを利用すれば、1度の簡単な申し込みで複数社に査定してもらえるので、見積もりを比較して簡単に愛車の相場を知ることができます。

ちなみに「かんたん車査定ガイド」の無料一括査定なら、ネット上ですぐに概算価格が分かるのでおすすめ!当サイト一番人気です。

⇒ かんたん車査定ガイドの無料一括査定

かんたん車査定ガイドの詳細を知りたい方はこちら⇒ かんたん車査定ガイド特徴まとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-車関連の気になるニュース

Copyright© 車売るなら知らないと損する中古車査定の話 , 2017 All Rights Reserved.