【体験談】査定0円の車に手を加えて個人売買で25万円で売却した話

投稿日:2017年1月12日 更新日:

管理人の愛車売却体験談【第3弾】

前回はローライダーにカスタムした車を買取拒否され、委託販売で売却した話をしました。

あれから数年がたち、今回は下取り査定0円の車に手を加えて、個人売買で売却したときの話になります。

あの頃はインターネットが一般家庭にも広く普及し始めて、最初の一括査定が生まれた頃です。当時の僕はまだその存在を知りませんでしたが。

下取り査定0円の車

当時乗っていた車がけっこうな旧車で、いろいろとガタがきていたのですが、車検が近づいてきた頃に修理にお金がかかるような故障をしたため、そろそろ頃合かな…ということでその車を廃車にすることにしました。

次の車を探そうと職場のスタッフと話をしていると、ちょうど車を乗り替えるということで、古い車を譲ってもらえることになりました。

その車は、程度が良い状態で下取りで3~5万円くらいの車で、譲ってもらう車は塗装が剥がれている部分があったため、0円という状態でした。

処分するにもお金がかかるので、タダで譲ってくれるというのです。

僕としてもとりあえずの足になりますし、車検も残っていたのでその間だけでも乗れればと思い、譲ってもらうことにしました。

修理をかねてカスタム

その車は、当時流行っていたVIPカーのベース車としても人気があった車で、エアサスを搭載した画期的なモデルでした。

エアサスというのは、空気で車高をコントロールできるサスシステムで、室内からボタンひとつで車高を上げ下げできる便利な機能でした。

ただその車のエアサスは不調で、勝手に上下したりとコントロールが利かなくなっていました。社外製のエアサスコントローラーを試してみたのですが、やっぱりダメでした。

そこでネットで情報を探してみると、車高調がヤフオクで安く売られているのを発見しました。

車高調とは、車高調整式サスペンションの略で、その名の通り車高を調整することができるサスシステムです。ミリ単位の細やかな調整が可能になるため、走り系のカスタムでも重宝されている人気パーツです。

車高を調整するためにはホイールを外す必要があったりと、ちょっと手間がかかりますがとても便利なアイテムです。お値段もけっこうしますので、新品だったら手を出さなかったと思います。

ほかにもマフラーやエアクリーナーなどのちょっとした走り系のパーツが結構出品されていて、昔を思い出して修理ついでに走り系のカスタムをすることにしました。

中古パーツでカスタム

タダでもらった車ですので、あまりお金はかけたくなかったこともあり、パーツはすべて中古。基本ヤフオクときどき中古パーツ屋で調達することにしました。取り付けはもちろん自分でおこないます。

まず購入したのが、車高調。

これはエアサスが壊れていたため必須のカスタム。というか修理ですね。

エアサスとエアタンクを取り外して、車高調に付け替えました。

サス交換はそれまでに何台も経験していましたが、エアサスから車高調への交換ははじめただったので、ちょっとてこずるかと思いましたが、案外簡単にできました。

エアサスと違って、車内からボタンひとつで簡単にとはいきませんが、これで好きな車高に調整することができるようになりました。

それからマフラーにエアクリーナー、タワーバーなどを交換取り付けして、最後にコンピューターを交換しました。

コンピューターは交換する気はなかったのですが、昔流行った有名チューニングショップのカスタムROMをたまたま見つけてしまって、欲しくなって衝動買いしてしまいました。

カスタム完成

そんな感じでカスタムは完成しました。

VIP色を消し去って、イメージ通りの走り系のカスタムをすることができました。

満足して乗っていたのですが、あるとき昔からお世話になっていたディーラーで働く知り合いから「珍しい車が入ったけど買わないか?」とお誘いがありました。

さすがに付き合いが長いだけあって、僕の趣味を分かってらっしゃる。僕は一目見てその車が欲しくなり購入することを決めたため、この車は手放すことになりました。

タダでもらった査定0円の車とはいっても、カスタムするのに少なからずお金がかかっていますので、廃車にするのはもったいない。

かといってパーツを取り外して売りに行くのも面倒。エアサスにいたっては捨ててしまっていたので、車高調は外すこともできないし…。

どうしようか悩んでいたそんな時、以前の僕と同じように、つなぎで乗れる車を探しているという人を紹介されました。

個人売買で売却

車を見てもらうと、とても気に入ってくれたようで、すぐにでも欲しいと言われました。

こちらとしても願ったり叶ったりでしたが、急なことだったため売値を決めていませんでした。

僕は「いくらなら買いますか?」と聞くと、

彼は「安ければ安いほど良い…」と答えました。

具体的な金額が出なかったので参考にはなりませんでした。

そこで僕は、カスタム費用+アルファの25万円と提示してみました。

ちょっと高いかな?とも思いましたが、パーツ探しから取り付け、その他メンテナンスなどでかなり手間ひまかかっていましたし、名義変更もこちらでやるということでしたので、希望額としては妥当だろうと判断しました。

少し考えたあと、彼は購入することを決めました。

その後、名義変更をして車は彼の元へ、僕は新しい車の元へと向かうのでした。

まとめ

このときは知り合いの知り合いということで、まったく接点のない他人でしたので強気の価格設定をすることができましたが、親しい友人などでは甘い価格設定になっていたと思います。

下取り査定0円、タダでもらった車をカスタムして、個人売買で希望額で売却できたのは良かったと思います。

車両自体に価値がない車でも、付加価値を付けることによって、それなりの金額で売却することができる可能性はあります。

しかし高く売るためにカスタムするというのは、売れなかったときのリスクがあるのでおすすめしません。あくまでも僕は好きでカスタムしたら、付加価値として機能したということです。

個人売買は名義変更などの書類の手続きや、お金と車の受け渡し、場合によってはその後のクレーム対応なども自分でおこなわなければいけません。

高く売れる可能性もありますが、その分リスクもありますので、利用する場合は注意してください。

今は一括査定を利用すれば手間なくリスクなく、高価買取を実現することも可能ですので、便利な一括査定を利用することをおすすめします。

⇒ 高額査定続出!一括査定おすすめランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-管理人の愛車売却体験談

Copyright© 車売るなら知らないと損する中古車査定の話 , 2017 AllRights Reserved.